銀行カードローンの注意点

銀行カードローンは消費者金融より金利が低く設定されているので加算される利息が少なくなるのがメリットになります。返済総額も少なくなるので負担を軽減する事が出来ますが、注意しなければいけない点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで銀行カードローンの注意点を確認していきましょう。

 

・融資スピードが遅い

 

消費者金融は審査が即日回答なので即日融資を受ける事が出来ますが、銀行カードローンは審査が厳しいので即日回答はほとんどありません。それにより融資を受ける事が出来るのも数日後になってしまう事が多いです。遅い時は1週間以上かかってしまう事もあるのでお金を借りたい日に間に合うように申し込みをしましょう。

 

 

・銀行によって上限金利の設定が違う

 

消費者金融はほとんどの業者が上限金利の設定が18%で統一されていますが、銀行カードローンは銀行によって上限金利の設定が異なります。14.5%前後で設定されている事が多いですが、銀行によっては消費者金融と同じ18%で設定されている事もあります。銀行カードローンを利用する時は上限金利の設定は必ず確認する必要があります。

 

銀行カードローンは利用する時の安心感がありますが、注意点もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。